子供の虫歯は6歳までで決まる!?今なら間に合う”虫歯菌を除去する菌”とは

「子供が歯磨きを嫌がって仕上げ磨きができない・・・」

「乳歯が虫歯になったら永久歯にも影響がでるんじゃないか・・・」

「子供が虫歯になったら親として責任を感じてしまう・・・」

「子供の歯磨きに手間がかかり過ぎて自分の時間がない・・・」

子育てをするママにとってそういった悩みは尽きませんよね。

でも、もし虫歯にならなかったとしたら、

  • 子供が歯医者で痛い思いをすることもない
  • 歯医者に通う為の時間や費用のコストもかからない
  • 虫歯が原因で子供がコンプレックスを抱くこともなくなる

など、いいことづくめですよね。

そこで今回は、子供の虫歯の原因とその解決策を紹介していきたいと思います。

参考⇒”虫歯菌を除去する菌”をすぐに知りたいお母さんはこちらをチェック!

スポンサーリンク

虫歯から歯を守るために必要なこと

まずは、虫歯から歯を守るために必要なことについて見ていきましょう。

虫歯を防ぐ方法は、大きく分けて2つあります。

それは、

  • 虫歯菌を口内に感染させないこと
  • 感染した虫歯菌に活動させないこと

の2つです。

そもそも、虫歯になる主な原因というのは、虫歯菌にあります。

ですが、実は虫歯菌に感染したからといって、必ず虫歯になるというわけではありません。

厳密には虫歯菌に活動をさせてしまうことで虫歯になってしまうのです。

なので、仮に虫歯菌に感染したとしても、活動さえさせなければ虫歯を防げるということです。

では、どうすれば虫歯菌の活動を防げるのか?

その鍵は、

歯磨きと唾液の分泌にあります。

虫歯菌のパワーの源は”糖”です。

口内にたまった食べかすや歯垢などが、その”糖”にあたります。

歯磨きをすることで、食べかすをや歯垢を除去し、虫歯菌のエネルギー源をなくしてしまうということがまず大事です。

なので、やはり毎日の歯磨きは大切だということです。

次に唾液の分泌についてです。

唾液というのは、虫歯菌の吐く酸を薄めてくれると同時に、歯のエメラル質を修復してくれる作用があります。

この修復作用を再石灰化と言ったりします。

唾液の中に含まれるリンやカルシウムが歯のエナメル質を修復してくれるのです。

0054030d783ca91af28f161720f0ad0d-1-300x165

つまり唾液を沢山分泌させることは虫歯の予防に大きく関わってくるということです。

オススメはキシリトールガムを噛むことです。

キシリトール成分は虫歯菌の活動を抑制させる効果があります。

さらにガムとして噛むことによって唾液の分泌も増えるので、まさに一石二鳥の虫歯予防アイテムと言えるでしょう。

子供が虫歯になりやすくなるのかは2歳〜6歳の間にほぼ決まる

ここでひとつ衝撃の事実をお伝えします。

実は子供が虫歯になりやすくなるかどうかというのは、6歳までの間にほぼ決まると言われています。

厳密に言うと、2歳〜6歳までの間が勝負の時期だと言われています。

ここでしっかりと虫歯菌の定着を防ぐことができれば、高確率で虫歯になりづらい子供にしていくことができます。

この先の将来、虫歯に悩まされ続けるのか、それとも虫歯と無縁で生きていけるかの分岐点だと思うと、非常に大事な時期だと言えます。

仮に虫歯になってしまうと、

  • 痛い思いをする
  • お金がかかる
  • 歯医者に通うのに時間を取らされる

など、大変なことが多いですからね。

長い将来のことを考えればここでキッチリ虫歯を食い止めておきたいところです。

虫歯ができるメカニズム

では、虫歯のメカニズムについてさらに詳しく見ていきましょう。

虫歯になっていく過程というのは、以下の3ステップに分かれます。

1.虫歯菌が口内に感染

まず、虫歯菌が口内のバイオフィルムという膜に感染します。

ちなみにバイオフィルムというのはキッチンのぬめりと同じ成分だそうです。(あまり想像したくありませんが・・・)

2.虫歯菌が食べかすから糖を吸収する

バイオフィルムに感染した虫歯菌は、バイオフィルムの中で食べ物の糖分を取り込んでパワーを蓄えます。

3.虫歯菌が酸を吐き出し歯を溶かす

パワーを溜めた虫歯菌は、それをエネルギーに歯を溶かす酸を吐き出します。その酸により、歯のエナメル質が徐々に溶かされていき、最終的に虫歯が出来上がります。

12-1

 

14-1

これが、虫歯が出来てしまう基本的なメカニズムです。

虫歯菌にパワーを与えてしまう食べかすを残さないためにも、やっぱり歯磨きは大切ですね!

ですが、子供は基本的に歯磨きを嫌がることが多いので、毎回仕上げ磨きを隅々までやるというのはなかなか大変です。

であれば、虫歯予防として一番良いのは、最初から虫歯菌に感染しないということです。

もし虫歯菌さえ口の中にいなければ、仮に食べかすが残ってたとしても虫歯にはならないということですからね。

そして、そもそも子供というのは、生まれた瞬間は虫歯菌には感染していないのです。

では、虫歯菌は一体どこからやってきて子供に感染するのでしょうか? 

ママの愛情は”虫歯菌”のきっかけになってしまう・・・

実は、虫歯菌の感染経路として一番多いのは両親からの口移し感染ということが分かっています。

よく熱いものを冷ましてあげたりするのに、一度自分の口の中で冷ましてから食べさせてあげたりすることもあると思うのですが、虫歯菌はそういったところから移ってしまいます。

つまり、ママの愛情が虫歯菌の原因になってしまうのです。

なので、極力口移しで食べ物を食べさせるのは控えるようにしましょう。

ただし、子育てをしていれば口移しに限らず間接的に虫歯菌が感染してしまうことも多々あるので、完全に虫歯菌の感染を防ぐのは難しいというのが実情です…。

ですが、実はそんなやっかいな虫歯菌を除去できる善玉菌というが、最近の研究によって発見されました。

虫歯菌を除去する善玉菌の発見

その菌というのが、ブリス菌(BLIS M18)というものです。

ブリス菌は、ニュージーランドのオタゴ大学教授の研究により発見された、虫歯菌を唯一除去できるとされている善玉菌です。


comic2

公式サイトはこちら

この善玉菌の発見により、虫歯の予防医学の常識は大きく変わりました

これまでは、虫歯菌は除去できないということを前提とした予防医学しかありませんでしたが、虫歯菌を除去できるとなれば大分話は変わってきますよね。

少し話が変わりますが、世の中には歯磨きも適当で甘いものも沢山食べているのになぜか虫歯になりづらい人っていませんか?

実はそういう人の口内には最初からブリス菌が存在しているということが分かってきたようです。

ちなみに生まれながらにしてブリス菌を保有している子供は全体の約2%ほどしかいないというデータも出ています。

もしそんな希少なブリス菌を意図的に口内に保有することが出来たらどうでしょうか?

ブリス菌の入った歯磨き粉が話題沸騰中

実はブリス菌の発見により、ある歯磨き粉が大きく話題を集めています。

それが「ブリアン」という歯磨き粉です。

ブリアンは日本初のブリス菌の入った歯磨き粉です。

ブリアンを使えば2%の子供しか保有していないブリス菌を保有できるようになるということで、今多くのお母さんに注目を浴びています。

公式サイト⇒ブリス菌について詳しくチェックしてみる!

208

ブリアンは芸能人にも大人気

ブリアンは多くの芸能人にも使われています。

まず一番有名なところで言えば山口もえさん。

brian-x-000

山口もえさんは、PR大使に選ばれたことをきっかけにブリアンを使い始めたようですが、子供達が進んで歯磨きをしてくれるようになった姿を見て感動したと語っていました。

確かにブリアンを使うようになってから子供達は歯磨きを嫌がらなくなったのは私も効果として実感しています。

多分一番の理由は子供がかなり好きな味だからじゃないかなと思います。

ブリアンの味を一言で言うならば、いちご味のかき氷の味です。

ichigo-float02

歯磨き粉の味が美味しいと、子どもたちも進んで歯磨きをしてくれることが多くなるようです。

やっぱり歯磨きを嫌がる子供を押さえつけて無理やり磨くのは精神的にも肉体的にも疲れますからね・・・。

ちなみに元モーニング娘の市井紗耶香さんもブリアンを愛用しているそうです。

その他にも多くの芸能人がブリアンを愛用しているようで、その影響で一般の人にもブリアンが浸透してきました。

芸能人は歯が命とよく言われていましたが、これからは一般人も歯が命になっていくかもしれませんね。

ブリアンは無添加だから安心安全

ブリアンは通常の歯磨き粉と違い、科学的な添加物を一切使用していません。

b14_2

なので、安心して子供に使っていくことができます。

しかもゆすぎなしでも大丈夫なので、口をゆすげない子供でもOKです。

安全に使えて虫歯にもなりづらくなるというのはかなり嬉しいですよね。

ブリアンはどのくらいの期間使えば効果が出るの?

ブリアンは一生使い続ける必要はなく、あくまで子供の口内環境が虫歯になりづらくなるまで使うことが大切とされています。

では、どのぐらいで口内環境が改善されるのかということですが、ブリアンのオペレーターの方によると、最低2〜3ヶ月ぐらいは使ってほしいということでした。

また、3歳以下の子供の場合は、3歳までブリアンを使い続けることで、その後の虫歯のリスクを大幅に減らせるそうです。

なので、もし今お子さんが3歳以下の場合は虫歯予防の大チャンスということになりますね。

3歳以上のお子さんでも、3ヶ月以上継続して使うことで口内環境はかなり改善されるようなので、できれば1年ぐらいは使ってみると良いのではないかと思います。

公式サイト⇒ブリアンの詳細はこちら!

208

子供の口内環境は親が守ってあげましょう

小さな子供は虫歯の怖さなんて全然知りません。だからこそ親が子供の口内環境を守ってあげる必要性があります。

虫歯を防ぐ為には、「虫歯菌の感染予防」と「歯垢の除去」を徹底すればOKですが、それがストレスになってしまう場合はブリアンを使ってみるのがオススメです。

それだけで歯磨きに費やす労力というのは驚くほど軽くなります。

  • 仕上げ磨きが出来てるかどうかの不安
  • 子供が嫌がって歯磨きをしてくれないストレス
  • 自分の時間がなくなってしまうやるせなさ

こういったものから一気に解放されることができます。

ですが、

「実際使い心地が分からないのに投資するのはちょっと…」

というお母さんもいると思います。

そこでブリアンをノーリスクでお試しする為の裏ワザを紹介します。

それはブリアンを虫歯予防コースで定期購入することです。

「え、いきなり定期購入!?」って思いますよね。笑

ブリアンの定期コースは、最低2ヶ月間購入するという縛りがあるのですが、実は子供に合わなかったときにこの費用をノーリスクにすることができます。

どうしてかというと、ブリアンの定期コースは2ヶ月間使ってみて「ちょっと違うな」と感じたら無条件で2ヶ月分の費用を返金してもらうことができます。(全部使い切ってしまっていてもOK)

なので、まずは試しに使ってみて、全くダメそうな場合は返金保証を使って返金してもらいましょう。

使ってみて子育てに対する手間が大幅に軽くなると思えば、そのまま継続すれば良いと思います。

公式サイト⇒やっかいな虫歯菌から子供を守りたいお母さんだけブリアンの詳細を今すぐチェック!

208

PS.

子供の虫歯予防をすることも大事なのですが、やはりお母さんの負担を軽くすることも同じくらい大事です。

実際、歯磨き以外にも子育てで考えなければいけないことは山ほどあります。

その中で、悩みのタネがひとつ減るだけでも負担は劇的に軽くなります

お母さん自身のストレスを軽くして、ぜひ快適に子育てをしていってください☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です